給水装置は水道工事の重要要素

毎日使う水道は、放っておいても出てくるわけではありません。給水装置が水道 工事で取り付けられているからこそ、出てくるようになります。何気なく使っていると気が付きませんが、新築の場合などは新設していかなければいけません。
ですが、給水装置とは一体何かを考えておかなければ、どの範囲の工事になるのかも判定できなくなってしまうでしょう。依頼するからには、はっきりと認識しておかなければいけないポイントです。

■給水装置の範囲

給水装置とは、公共のインフラになってくる排水管に、取り付けられた装置から給水用具までの間を指します。直結する給水用具のことであって、簡単に取り外しができないものを指していることが特徴です。簡単に取り外しができてしまうと、公共料金として問題が出てくるようになるでしょう。水道メーターにしても、簡単に取り外せてしまうと、料金の公平性も信用性も失われてしまうことになります。
当然のことですが、だれでも工事ができてしまうことも問題になるため、有資格者を置いた業者でしかできないこととされているのも特徴といえるでしょう。給水装置の場合、公共のインフラから宅地内まで工事範囲が広がっていくところも重要なポイントになってきます。

■含まれるものと含まれないもの

単純に排水管からの圧力だけで送水できるのであれば、問題はありません。ですが、実際にはそこまでの圧力が残っていないようなことも出てきます。そうした時には、加圧装置を取り付けて圧送することも必要です。マンションの高層階などになると、どうしても圧力不足になりますが、これも給水装置に含まれます。ただし、給水装置には受水槽は含まれないところが重要です。受水槽から各家庭に排水していくのは、給水装置には含まれていきません。あくまでも排水管から注入行までの間だけを指すのも特徴となってくるでしょう。
ビルなどで設置されている場合にも違いが出てくることになります。もちろん、制御盤といった装置も含まれませんが、水道メーターに対する止水栓などの装置は含まれることになるのが重要です。

■まとめ
給水装置は、水回りの設備にとって生命線ともいえる部分です。新築でも改めて工事をしていくことが必要になってきます。大事な水を扱うことを考えると、簡単におこなっていいものではありません。
大事な工事内容になってくることから、資格の必要性も出てくるのが重要です。外すことができない以上、工事をする業者に関してもしっかりと見極めをしていかなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ