給水装置工事に必須の水道の資格

水道工事には、装置を取り付ける内容のことがいろいろとあります。装置を取り付ける水道 工事に関して言えば、だれでも行っていいものではありません。
装置工事は、公共的なインフラが影響してくるため、しっかりとした企業が施工をおこなわないとさまざまなところに与えるリスクが大きくなっていってしまいます。縛りも出てくるのは、水道 工事の中でも給水装置の大きな特徴になってくるでしょう。

■給水装置の施工と資格の意味

給水装置には、給水装置工事主任技術者が必要になってきます。給水装置を適正に施工していかなければいけないことは、非常に大事なポイントになってくるのは間違いないでしょう。問題がないと指定したものだけが工事できるようにすることによって、インフラの安全性を高めるという意味があります。
技術水準に関しても確保することができるようになるため、資格試験を義務付けているのですから、これを取得していなければ施工はできないということを覚えておく必要があるでしょう。これは水道法で決められていることであり、慣例的におこなわれていることではありません。全国一律で定められているため、依頼するときには、この制度があることを覚えておけば、失敗することがなくなります。

■内容によって必須の資格

給水装置などの設置には資格が必須となっています。全国で通用する資格として考えても、なくてはならないものとなってくるからです。実務経験も必要になってきますし、管工事に1年以上の経験がなければ専任技術者や主任技術者になることもできません。業者としても指定給水装置工事事業者になるためには、有資格者が必要になってきます。
依頼する側から感あげても、こうした仕組みを知っていれば、安心できる業者なのかどうかも判断することができるでしょう。資格取得者がもつメリットにもなってきますが、収入に関しても大きな差が付くことになってきます。大きな意味が出てくる資格として、水道工事の中でも存在感の高い位置づけとなっています。

■まとめ
工事によっていろいろな資格も存在しますが、水道に関して言えば、必須の内容にもなってきます。持っていることがメリットになるというよりも、ないことが大きなデメリットにもつながってくるでしょう。
技術者としての位置づけにも違いが表れてくることになるのですから、どんな立場からも状況がどうなっているのか、企業としての姿勢も含めて確認しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ